研究調査事業

【環境省】 新・湯治による効果の把握みんなの新・湯治プロジェクト(環境省の事業を受託しています) 

全国「新・湯治」効果測定調査プロジェクト(環境省HP・実施マニュアルより)

■新・湯治とは
平成29年7月に「自然等の地域資源を活かした温泉地の活性化に関する有識者会議」により提言された、現代のライフスタイルにあった温泉地の過ごし方の提案です。温泉地周辺の地域資源を多くの人が楽しみ、温泉地に滞在することを通じて心身ともにリフレッシュすること、そして温泉地を多くの人が訪れることで、温泉地自身のにぎわいを生み出していくことを目指しています。
■調査の目的
温泉地の魅力の1つとして、健康増進効果やリフレッシュ効果があげられますが、温泉地全 体の療養効果を科学的に示しているものは多くありません。そこで、本調査を行うことで温泉 地に滞在することの効果、すなわち温泉地全体がどのように心身へ影響を与えるかを抽出し、 温泉地の魅力向上、人々の健康増進へ寄与すること期待しています。
■調査への参加方法
環境省ホームページをご覧ください。
https://www.env.go.jp/nature/onsen/spa/spa_project.html
原則として温泉地単位での参加となりますが、実施主体は自治体、団体であるかを問いません。(いわゆる1軒宿については当該宿泊施設のみでも可)
■本プロジェクトについてのお問い合わせ
一般財団法人 日本健康開発財団
全国「新・湯治」効果測定調査プロジェクト事務局
メールアドレス: toji@jph-ri.or.jp
Tel: 03-5290-1621 (受付時間 月~金 10:00-15:00)
Fax: 03-5290-1622
住所:東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル8階

研究助成

温泉地の魅力の1つとして、健康増進効果やリフレッシュ効果があげられますが、温泉地全 体の療養効果を科学的に示しているものは多くありません。そこで、本調査を行うことで温泉 地に滞在することの効果、すなわち温泉地全体がどのように心身へ影響を与えるかを抽出し、 温泉地の魅力向上、人々の健康増進へ寄与すること期待しています。

第46回(令和2年度)

第46回(令和2年度)の研究助成の応募要綱と応募用紙はこちらからご覧ください。
応募期間は令和2年4月10日(金)までとなります

温泉医科学研究所を軸とした「温泉・入浴等を活用した健康づくり」の推進

  1. 1.
    温泉・入浴等が健康の維持・増進に寄与することの実証に資する基礎・応用研究
  2. 2.
    「温泉・入浴等を活用した健康づくり」に関する研究の拠点化推進
  3. 3.
    世界への温泉文化普及に資する情報発信とネットワークづくり
  4. 4.
    温泉検定等インターネットを活用した情報発信
  5. 5.
    地域の温泉資源等を活用した地域活性化事業活動に対する助言・支援
  6. 6.
    生活習慣改善に資する行動変容プログラムの開発・介入研究

日本健康開発雑誌(Japanese Journal of Health and Research)

最近の主な研究事業実績一覧

厚生労働省、環境省、各自治体の関連業務 等

温泉保養システム計画策定業務

  1. 環境省「新・湯治」効果測定プロジェクト
  2. 温泉分析に基づく泉質特徴ならびに利用法調査(タイ・クラビA温泉)
  3. 金山町天然炭酸温泉エビデンス調査(飲泉)
  4. 金山町天然炭酸温泉エビデンス調査(入浴)
  5. 北塩原村のヘルスツーリズム推進に資するエビデンス調査研究支援
  6. 竹田市温泉入浴・飲泉による医科学的調査業務委託(飲泉)
  7. 竹田市温泉入浴・飲泉による医科学的調査業務委託(入浴)
  8. 竹田市総合インストラクター養成講座及び人材育成
  9. うきは市森林・温泉連携による健康産業創出事業実証支援
  10. 入浴剤スパークリングホットタブが心身にもたらす影響
  11. 月岡温泉への入浴が心身に及ぼす影響
  12. 静岡県健康づくりプログラム開発に関する計画設計
  13. 温熱暴露がラットの生体リズムの与える影響
  14. 温熱暴露が睡眠・生体リズムに及ぼす影響に関する研究
  15. 中高齢者のメタボリックシンドローム対策に資するコーチング技術の開発と普及に関する研究
  16. 高齢者の自立意識向上支援に関する研究
  17. 旅行が心身に及ぼす影響に関する研究
  18. 健康生きがいづくりに資する休養に関する研究―適切な睡眠・入浴のあり方
  19. 温泉地滞在が心身に及ぼす影響
  20. 入浴方法が心身に及ぼす影響

公正な研究活動に関するお問い合わせ

当財団は産学官研究機関等との共同研究についても積極的に行っております。 各種ご相談・公正な研究開発に関するお問い合わせは「こちら」までお願します。 当財団の研究活動における不正行為の通報も受け付けます。

温泉医科学研究所

「温泉・入浴を活用した健康づくり」を医科学的に研究することを目的に、2012年4月に設立しました。多様な研究機関、企業、自治体等と連携して研究を進めながら、温泉等にかかわる様々な情報を発信していきます。

健康増進施設

厚⽣労働省の定めた⼀定の基準を満たし、温泉を利⽤した健康づくりを図ることができる厚⽣労働⼤⾂認定施設です。
当財団では認定施設にこのマークの掲出をお願いしています。

普及・啓発活動

  1. 1.
    温泉利用型健康増進施設の認定調査・支援業務
  2. 2.
    温泉利用指導者養成講習会の実施
  3. 3.
    温泉利用プログラム型健康増進施設の認定調査・支援業務
  4. 4.
    温泉入浴指導員養成講習会の実施

ヘルスケア事業

「健康寿命の延伸」と「⽣活の質の向上」は⼈類にとって共通課題となっています。
ヘルスケア事業では、グローバルな視点で各国・各地の健康課題の解決に向けたコンサルティング業務を⾏っています。
弊財団が⻑年蓄積してきた温泉・⼊浴に関する研究成果、健康増進・⼈材育成のノウハウを活かし、⼈類の健康づくりの貢献へ寄与してまいります。
  1. 世界の相補・代替医療研究機関との連携・交流
  2. ONSEN Wellness Instructor講習(英語での基礎講座)
  3. 地域の温泉資源を活⽤した健康増進事業の提案
  4. 健康増進事業の効果測定に資する各種エビデンス調査
※⽇本健康開発財団の概要について、下記3⾔語に対応しております。